世界には、株に人生を捧げて生きている人が大勢います。株に投資をしてうまく行けば一生働かずに生きていくことも可能です。そんな夢のある株のお話を、聞いていきませんか?

古林紙工の株で損失を出した時は通算できる

古林紙工の株などで損失を出してしまった時には、損失を通算することができるので覚えておくようにしましょう。
現在株取引で利益を上げた場合には、20パーセントの税金がとられる仕組みになっています。
そのため、100万円儲けた時には20万円の税金を支払わなければなりませんが、これはその年のすべての株取引が対象になるのでひとつの銘柄で100万円の利益が出ていて、他の銘柄で100万円の損失が出ている場合には、税金が発生することはないのです。

つまり、あくまでもトータルの利益に対して税金が発生する仕組みとなっているので、利益の出ている銘柄の分だけ税金が取られて損をしてしまうということはありません。
注意が必要なのは、これは確定損によるもののみが通算されるので含み損の場合には損失が確定していないので、利益と相殺されるということはありません。
100万円の確定益が出ている一方で、100万円の含み損が出ている場合には税金を取られてしまうので注意をしましょう。
この場合であっても損失は翌年度以降にも繰り越すことができるので慌てる必要はありませんが、確定申告などの手間がかかってしまいますので、持ち越すにしても一旦ポジションを決済して再度ポジションを作りなおすのが良いでしょう。

一度100万円の損失を確定して同じポジションを取り直せば、余計な税金を納める事無くポジションを継続することができますから手間がかかりません。
節税ばかり意識することになるのは、儲けのチャンスを失ってしまうことにつながりますから節税ばかりを意識するのではなく、まずは利益を出すことができるように勉強をしてその上で節税できる時には節税をするようにしましょう。