世界には、株に人生を捧げて生きている人が大勢います。株に投資をしてうまく行けば一生働かずに生きていくことも可能です。そんな夢のある株のお話を、聞いていきませんか?

夫が東証一部の株主であることについて

最近のサラリーマン世代にとっては会社で働いていたとしても一向に生活が楽にならないなど非常に多くの苦労をしてしまうことが多々あります。その中でも、現在の日本の状況としては子どもを育てていく際の子育て費用に関しても非常に多くのお金がかかってくるため、家計への負担は増すばかりで明るい未来は見えてきません。そこで、政府としては現在の労働から得られるお金だけでなくて、投資からもお金が得られるように推進しており、最近ではNISAと呼ばれる株式投資や投資信託によって得られた利益に対しては非課税として扱うような制度を導入するなど、自分の資産は自分で運用するよう促し始めています。最近では夫が東証一部の株主になるなど、普段から投資に興味のない人がどんどんと参入し始めています。実際に、現在の株式相場においては、数年前の民主党政権時代においては日経平均株価は1万円以下だったのですが、アベノミクスの影響により大きな躍進を見せ、最近では2万円を一時期超えていたり現在では1万円台を維持していたりと、非常に好業績となっています。そのような状況を夫はしっかりととらえており、民主党から自民党に政権が交代する時期にきっちりと東証一部に投資を実施していたため、大きな利益を上げることができました。このようなサラリーマン世代にとっては非常に良好な相場であったため、大きな利益を上げることができたためサラリーマンだけでなく、日本人の父苦に関してはここ数年でどんどんと増加していくことになりました。最近では株式市場においても大きなリスクがどんどんと上昇してきているため、株価に関しても安定しないような状況が始まっており、リスクオフの時代になっています。