世界には、株に人生を捧げて生きている人が大勢います。株に投資をしてうまく行けば一生働かずに生きていくことも可能です。そんな夢のある株のお話を、聞いていきませんか?

株でうまく行った場合の仕事の辞めどきとは

株で成功し、ある程度の財産を築き上げてくるようになると、仕事をしなくてもいいのではないかと感じるようになり、もっと言えば、株取引自体が仕事になっている場合にはその時が仕事の辞めどきと言えます。株取引といっても、長期的に保有することを目的としている人もいれば、あくまでデイトレーダーとして毎日細かく取引している人もいます。株の保有の仕方によって、辞めどきはまるで違います。

長期的な保有をしている人の場合、利益を確定するタイミングはかなり限られ、その分、株から得られる収入もまた限られます。配当や株主優待などがあったにしても、それだけで生活していくというのは厳しさがあります。そのため、長期的な保有を検討している場合、その時点ではいくら調子が良かったとしても、定期的に入る配当などがまだ物足りない場合にはまだ辞めるタイミングではありません。デイトレーダーのように、毎日利益を確定するようなことをしている場合には生活資金を確保するメドを立てやすく、この水準であれば生活できるというのが分かる様になります。3か月分、もしくは半年分生活できる資金がたまった段階で仕事を辞めるということが可能になります。長期的な保有をしている人の場合は半年分以上の生活資金を残しておけば、株の値動きで焦らされずに済みます。

仕事を辞めてから一番のネックは株価の値動きにとてもシビアになり、戦々恐々としすぎてしまうことです。それにより、臆病になってしまい、もっと値上がりしたのにその手前で売ってしまったり、もっと値が下がるというのにその手前で買ったりするなど、判断が鈍ってしまうことがあります。気持ちに余裕があればこうした判断ミスはなくなります。そうした意味でも生活資金をためておくことが大切であり、たまった瞬間が辞めどきなのです。